国際結婚手続き タイ~治安が心配

国際結婚手続き タイは、必要書類である住民登録謄本を用意するところから始まります。

行政書士は、官公署に提出するさまざまな書類の作成・提出手続き代行を業としていますが、近年増えているのが外国人に関する各種業務です。

国際結婚手続き タイは、まずはお相手に婚姻要件具備証明書を渡して、タイ人の住民登録を確認します。

グローバル化に伴って日本で働く外国人や日本国籍を取得しようとする外国人などのために、必要な手続きを行う機会が増えてきました。そのひとつに、在留資格認定証明書に関する事務があります。在留資格認定証明書交付申請書は、就労のため、あるいは家族と同居するためといった理由で来日する外国人に対して、その来日目的が適正なものであることを法務大臣が証明する書類です。

受け入れ先や家族の依頼を受けて入国管理局に交付申請書を提出し、証明書の交付を受けたら本人に送付します。受け取った本人は、日本大使館にビザの発給を申請するときにこの証明書を添付します。これにより発給事務を短期間で済ませることができます。

国際結婚手続き タイは、宣誓書をもらう必要もあるのでちょっと大変ですよ?